2009年08月30日

NTP サーバ

openntpd で NTP サーバを構築します。

「Linuxサーバ」目次

まずは openntpd をインストールします。

$ sudo aptitude install openntpd

設定ファイルをカスタマイズします。(servers ではうまくいきませんでした。)

(/etc/openntpd/ntpd.conf)

# $OpenBSD: ntpd.conf,v 1.7 2004/07/20 17:38:35 henning Exp $
# sample ntpd configuration file, see ntpd.conf(5)

# Addresses to listen on (ntpd does not listen by default)
listen on *
#listen on 127.0.0.1
#listen on ::1

# sync to a single server
#server ntp.example.org

# use a random selection of 4 public stratum 2 servers
# see http://twiki.ntp.org/bin/view/Servers/NTPPoolServers
# and http://www.pool.ntp.org/
#server 0.debian.pool.ntp.org
#server 1.debian.pool.ntp.org
#server 2.debian.pool.ntp.org
#server 3.debian.pool.ntp.org

#servers ntp.nict.jp
server ntp.nict.jp

後は data コマンドで現在時刻を設定した後(出来るだけ厳密に設定しておいた方がいいです)、サーバを起動するだけです。

$ sudo date 08160605
$ sudo /etc/init.d/openntpd start

時刻の調整が始まります。 syslog に adjusting local clock by -0.905422s などとログが出ている間は調整中です。 最初はかなり時間がかかるかもしれませんので、のんびり待ちましょう。

時刻の調整が終わった後クライアントから接続して、うまくいけば成功です。



タグ:Linux 玄箱
posted by 大津 at 08:12 | 記事 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。